【高校部・数学】

※時間割はお問い合わせください。

特徴

講義→演習→解説
シフト進学ゼミでは、まず基礎的な解法を手探りで実感してもらう趣旨のもと
導入を出来るだけ簡潔に指導しています。実際の計算試行を通じての経験が数学
の力となるということからこういうスタイルとなりました。

本来、数学は頭に負荷をかけて解かなければ力はつきません。よって、授業中に
集中して頭を使わせて、尚かつ丁度良い負荷をかける『トレーナー』としての指導を
心がけております。

テスト前の計算演習
テスト1週間前に、計算プリントを演習していただきます。これは、シフト生が
定期テストで常に高得点を叩き出している要因のひとつだと考えられます。
大学入試合格に必要な力のひとつに『計算力』が挙げられますが、昨今の
小中学校指導要領の影響で多くの学生が弱ったまま高校生を迎えてしまいます
その腕力を鍛えることには、定期テストを攻略するのみならず、センター試験を
始めとする計算力を要する大学入試を突破するという観点から大いに意義はあります。

 

無理のない入試問題への対応

通常、予備校では教科書章末問題レベルが出来ていることを前提としての
授業が展開されています。しかし、私ども現場の人間から言わせていただくと
それはいささか早急な気がします。中間期末テストで章末問題以上の問題ばかり
出題される超進学校ならともかく、大概の高校は基本問題大半に章末少々、
という構成です。よって、学生もそれを見越した勉強しかしてこないので、
進研模試でさえ芳しくない点数しか取れないのです。また、3年になりなかなか
模試の点数が上がらない、そして過去問に歯が立たないと言う声を聞きます。
これはひとえに

章末問題〜入試基礎レベルの問題の演習量が足りない

からだと言えます。シフト進学ゼミのカリキュラムにはそういう『接続』
配慮した構成になっていますので、公立高校出身の生徒でも無理なく難関大学を
目指せます。